テクニカルエンジニア データベース

国家資格を知ろう!

やや難しい国家資格

テクニカルエンジニア データベース

国家資格の一つであるテクニカルデータベースの難易度は、ネットワークエンジニア同様高い知識を要求される資格になります。このテクニカルエンジニアデータベースは、データベースの知識が幅広く求められ、また、高い実践能力が求められます。

この四角については、基本的には特に制限は設けられていませんので、だれでも受験することが可能になっています。試験は、午前と午後に分かれています。ちなみに、午前試験はコンピュータシステムの運用と開発、データベース技術などの分野から出題されます。選択方式としては、多伎選択式となっています。午後の試験は、記述、論述式になっており、設計、構築、運用などの分野から出題されます。

この国家資格の試験日は、毎年一回で、四月の第三日曜日になっています。年に一回しかチャンスがないということで、確実にチャンスを拾えるように、きちんとした計画性を持った勉強を進めていきたいところですね。

こういった資格の勉強は、やはり内容を理解している人の側で勉強することが一番の理解への早道になります。ですから、出来ればほかの国家資格と同様に、予備校などに通うのが適切かと思われます。ちなみに、合格率は10%程度となっており、難関であることは間違いありません。

しかし、こういった資格を持っておけば、情報処理関係で必ず採ってくれる企業があると思いますし、取得しても損をするといったことはない資格だと思われます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved