公認会計士

国家資格を知ろう!

超難関の国家資格

公認会計士

難関と呼ばれる国家資格の一つとして、公認会計士という資格があります。この試験は本当に狭き門なのですが、近年は多少易しくなったようなので、これから試験を受けようと思っている学生さんにでもお勧めできる資格です。

資格試験を受ける際の学歴レベルとしては、それなり、といっても国立大学レベルは必要ですが、それくらいあれば十分です。別に資格試験を受けるときの学歴は関係はありませんが、基本となる学力レベルとしては、それくらいは兼ね備えておいたほうがいい、という意味ですね。

その学力レベルにもよるのですが、いくら遅くても、大学4年生くらいかの準備は必要になってきます。

公認会計士試験は、択一式と論文式に分かれています。この両方の試験を合格すれば、資格を得ることが出来るということですが、各試験において、基準の点数を取ることで、一定の年数、試験の免除をしてもらうことが出来ます。ですから、順番に勉強していって、試験を片方免除してもらい、もう片方の試験に集中する、といった方式をとることができるようになったので、ずいぶん試験の合格率が上昇したみたいです。

それでも、この公認会計士試験は、独学では通ることは難しい、というよりも無理だといわれています。どうしても合格したい、という強い気持ちがあるのであれば、是非とも予備校にでも通うなり、通信講座での勉強をすることをお勧めします。本当にいろいろな学校がありますので、じっくりと選ぶといいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved