司法書士

国家資格を知ろう!

超難関の国家資格

司法書士

よく耳にする資格のひとつとして、司法書士というものがあると思います。この司法書士の国家資格試験は本当に難易度が高いです。簡単になった、という話は聞きません。昔から一貫して難易度が高いといわれています。この司法書士の合格率は、大体3%暗いといわれており、非常に狭き門になっています。

試験内容としては、択一と書式だけで論文はありません。そして、問題は簡単ではない上に、全ての分野において8割程度の点をとらないと合格できません。1つでも基準を下回る科目があってはいけないというところが、非常に難易度が高いといわれる理由になるのでしょう。トータル的に考えてみると、司法書士はとても良い資格になるわけですが、受かるまでが非常に大変なわけです。

この国家資格試験のないようですが、午前で択一試験、午後に択一試験と書式試験と、一日で試験は終わります。午前、午後の部の択一試験の問題数は共に35問で、ボーダーラインは大体25問から27問くらいの正解数が必要になってきます。

正解数が基準に満たないと、残りの試験の採点はしてもらえません。午前の試験で点数が足りていないと残りは採点してもらえない、というわけですね。そして、書式試験でも75点は点数が欲しいところでしょうか。そして、総合的な点数の高い上位3%の人間が合格できる、という式組になっているわけです。

非常に狭き門になっているわけですから、他を圧倒するくらいの勉強量が必要になるわけです。計画的に勉強していくことが、何よりも大切になってくるかと思われます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved