ボイラー技士2級

国家資格を知ろう!

難しい国家資格

ボイラー技士2級

このボイラー技師という国家資格は、実は難易度はそこそこといったもので、合格率もそこそこで、かなり取得はしやすい資格であるといえるでしょう。ただ、ボイラー技師2級の試験を受けようと思ったら、高校や大学でボイラーに関する学科の履修後、実務経験が3ヵ月必要になる、といったところです。

ただでさえボイラーの学科といったら馬頭らいいものだと思いますし、最初から資格取得を狙って学科を専攻しないといけないので、誰でも受けられる国家資格試験というわけではありませんね。

ボイラーに関する実務経験も、狙ってするものであって。本当にこの試験はボイラーの仕事をしている人に対してのみあるような試験ですね。これからボイラーを使った仕事がしたいから資格を取る、じゃなくて、ボイラーに関する仕事をしているから資格がいる、といった感じのものですよね。

この国家資格、合格率はそこそこといいましたが、実際のところは、40%程度になっています。これならば、しっかりと勉強さえしていれば取得できるレベルのものではないかと思いますね。ちなみに、これより上位の資格であるボイラー技師1級の合格率は30%、ボイラー技師特級については20%となっています。

最上位の資格であってもそこそこの合格率を誇っているので、仕事でボイラーを使っている人は、全部の資格の取得を目指してみるのも悪くはないのではないでしょうか。そのために、まずは2級の取得が出来るように頑張ってみましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved