マンション管理士

国家資格を知ろう!

難しい国家資格

マンション管理士

このマンション管理士という国家資格については、宅建を勉強した後に勉強することで資格取得をしやすくなる国家資格であるといえるでしょう。ただ、合格率が7%くらいですので、それなりに難しい国家資格だといえるでしょう。

この、マンション管理士は、宅建と管理業務主任者と並んで、不動産業界で働く分においては取得しておいたほうが良い資格であることは間違いありませんので、是非とも取得しておくようにするといいと思います。企業によっては、持っている資格に応じて昇給も望めますからね。

特に、このマンション管理士と宅建については、知識的な部分でかぶる部分がかなりありますので、年間で一気に取ってしまうというのもありなのではないかと思われますね。基本的にはこの国家資格については受験資格はありませんので、誰でも受けることができます。

基本的な勉強法としては、マンション管理士自体がやはり独学では合格が難しい資格なので、専門学校などで勉強するのが合格への一番の近道なのではないかと思われます。

前述のとおり、可能であれば、宅建とのダブルでの受験も可能なので、一気に資格を取得してしまうというのもありですね。難しそうであれば、2年計画で受験するのもいいのではないでしょうか。基本的には、国家資格自体が持っておけば、それだけでアピールになる資格であることは間違いありませんので、興味のある方、仕事で使う方は、是非とも頑張って取得するといいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved