管理業務主任者

国家資格を知ろう!

難しい国家資格

管理業務主任者

この国家資格については、宅建よりも少し難易度が低いくらいですかね。それに、宅建を勉強した後に、この資格についての勉強をすると、勉強がしやすいといった利点が存在します。

ですので、この国家資格がほしいと思ったら、まずは宅建から勉強するといいのではないかと思われます。しかし、いくら難易度が宅建よりも低いといわれているからといっても、この管理業務主任者の試験そのものが簡単というわけではないので注意してください。

この資格試験には、制限が特になく、受験料は約9000円で誰でも受験することが可能になっています。ちなみに、合格して登録をすることで、誰でも管理業務主任者になることが可能になっています。この試験は、50問のマークシート方式で行われ、管理業務の委託契約や、管理組合の収支支出、マンション管理法令などについての問題が出題されます。

マンション管理士の資格を持っている人であれば、マンション管理の適正化の推進に関する法律が免除されますので、持っている人は受けてもいいかもしれませんね。

この試験、宅建を持っている人や、資格マニアの人は狙ってみてもいいかと思います。管理業務という言葉に興味のあるという人も取得してみてもいいかもしれませんね。ただ、試験そのものは本当にしっかりとした勉強をしていないと、受かることはないということだけは覚えておきましょう。ただ、この国家資格試験だけは、独学でも資格を取得できる可能性は高いといわれています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved