土地家屋調査士

国家資格を知ろう!

難しい国家資格

土地家屋調査士

この国家資格については、難易度的にはものすごく難しい試験、というわけではないのですが、合格率が6%から7%といった具合に、倍率が高くなっており、競争率が高い試験だといえるでしょう。しかし、試験そのものの難易度がそこまででもないため、しっかりと勉強しておけば試験にパスするのはそれほど困難なものではないかともいえます。

この国家資格試験は、筆記試験と口述試験とに分かれています。

まず、筆記試験は不動産に関する知識についての問題が出題されます。もちろん、その他の一般知識についての問題も出題されます。次に、口述試験についてですが、実はこの土地家屋調査士の口述試験は、まず落ちないことで知られています。ですから、筆記試験さえきちんと解答できるだけの知識を持っていれば、まず合格が可能という珍しい国家資格試験になっているわけです。

ちなみに、この国家資格は、司法書士に似ているところがあります。性質が近いものとしても知られていますね。この資格を足がかりにして、司法書士の資格を取ろうという人も少なくはないと思います。

この試験の合格者の平均年齢は34歳くらいと結構高く、それほど難しくないといっても、やはり難易度は高い資格であるということを物語っているといえるでしょう。この資格についても、やはりしっかりとした国家資格試験を勉強できる学校に行かなければ合格は難しいレベルだといえるでしょう。ですから、本気で合格を目指すのであれば、是非とも専門学校に行くことをお勧めします。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved