土地改良換地士

国家資格を知ろう!

難しい国家資格

土地改良換地士

この国家資格の仕事内容としては、農地の開発から改良、保全に至るまで、農地構造の改良を図ることが主な業務の内容になります。大げさな言い方をすれば、国土資源の総合的な開発に大きく関わる仕事だと言えるでしょう。

ですから、やりがいとしては非常に大きなものがある仕事だといえるでしょう。こういうのが好きな人、仕事に関係のある人は取得して損はない国家資格ですね。

国家資格試験の内容としては、土地改良業務に関する知識をしっかりと有した実務家を養成することを目的とした試験になっています。この試験を受けるにあたっての資格は特に必要ありません。ですから、だれでも受験が可能になっています。特例として、10年以上の実務経験がある場合は、試験科目の免除があります。試験科目については、土地の改良方法などについての土地改良法や、測量について定められた測量法、戸籍について定められた戸籍法などといった、多くの分野からの出題になっています。

この試験の合格率については、平均して20%くらいと、そこそこの合格率を誇っています。一般的に受験者は、測量会社やコンサル会社の社員が受験することが多いようです。こういった人たちは、普段からこれらに関しての仕事をしているので試験にはパスしやすいかと思われますが、独学ではどうしても難しいかもしれませんね。

何もないところからの合格を目指すのであれば、やはりそれなりに勉強する必要がありそうな資格ですね。しっかりとした計画を立てて、しっかりとした学習をすることが合格への近道になると思いますよ。

スポンサードリンク

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved