法学検定試験2級

国家資格を知ろう!

難しい国家資格

法学検定試験2級

この国家資格は、かなり難しいという風にいわれています。実際、公務員の法律職の人が受験してもかなりの確率で落とされるみたいです。ですから、普通に勉強したところで、まず通らないものだと思っておいてください。

法学検定試験は、総合、司法、行政、企業コースと全部で4つコースがあります。これらのコースで受験科目が変わってくるのですが、法学概論と民法については、必須科目になっています。

各コースとも、全部で6科目の項目がありますので、結構合格するのには骨が折れるかと思われますね。合格のラインとしては、全体の7割くらいの点数を取る必要性があるかと思われます。

ちなみに、この試験は、合格さえすれば法律学については相当の実力があるという風に社会的に認めてもらうことが出来ます。それによって、就職にも有利になることが知られています。日本における法律に関する国家資格においては一番有名なものでもあります。

今の時代、日本においては就職することそのものが困難な時代ということもありますし、何らかのアピール材料は持っておいたほうがいいのかもしれません。ですから、しっかりと勉強をしたうえで、このような国家資格をしっかりと取得しておくことが、今後しっかりと生きていくうえで重要になってくるのではないかと思われますよ。この国家資格については、まずは法学検定試験4級の取得を目指して頑張って、それから順番に級を上げていってみるのがいいかと思われます。

スポンサードリンク

車買取 横浜

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved