税理士

国家資格を知ろう!

かなり難しい国家資格

税理士

税理士という国家資格は本当によく聞く資格の一つだと思いますが、この税理士の試験も、難易度が高いことで知られています。ただ、この税理士試験の他と違うところは、科目合格制度といわれるものを採用しているところです。

試験全体のうち、必修科目と選択科目、全部あわせて合計5科目、これを何年かけてもいいので合格することで資格を得ることが出来るというものです。一度合格してしまえば、資格は生涯有効になりますので、いくらでも試験にトライすることが出来ますね。

社会人であったとしても、自らのペースを崩すことなく勉強していくことが出来ます。どの科目から合格をしてもかまいません。点数としては、大体6割くらいがボーダーラインになっているみたいなのですが、受験者の上位15%くらいを合格としているみたいですね。ですから、6割に点数が足りていない九手も合格することはありますし、また落ちることも考えられえるということですね。

試験問題への取り組み方といえば、簡単な問題は絶対に落とさないようにして、難しい問題でいかに正解するか、というところだと思います。これが、案外出来そうで出来ないところがこの国家資格の恐ろしいところですね。ただ、何年かかってもいいというところだけは救いなのではないかと思います。

税理士は、全体的にみても、良い資格ですので、一度勉強を始めたら、諦めずに合格するまで頑張ってもらいたいと思います。合格後に2年間の実務経験を積み、税理士登録することで晴れて税理士になれる、というものです。

スポンサードリンク

副業

Copyright (C) 国家資格を知ろう! All Rights Reserved